冷蔵庫の転倒防止をして安心できる生活を

金曜日, 7月 8, 2011 by Takatori Hiroshita2010-06-19

この地震大国日本において、地震のないところに住むことは不可能と言っても良いでしょう。

その為に、私たちが安心して生活をしていく為には、地震が起きた時に家の中の家具を転倒防止出来るよう、きちんと固定するなどの策を講じておくことが必要不可欠となります。

今回は、冷蔵庫の転倒防止の方法、また、被害が大きくならないようにする為の使い方の工夫を案内したいと思います。

これを参考にし、転倒防止に役立て、我が家の安全性を確保して頂ければ幸いです。

最近の冷蔵庫は、ドアが多く大容量を売りにした冷蔵庫が多く、そのような冷蔵庫が皆さんのご家庭にある方も多いかと思います。

大型冷蔵庫の中には、冷蔵庫自体の重量が100キログラム近くあるものもあり、そのような大型冷蔵庫が地震により転倒したり移動したりすることは、大変危険なことと言えるでしょう。

また、冷蔵庫の底には、運送や配置換えの便を考えてキャスターが付いていますが、その為に地震で揺れた時容易に大きく移動してしまうことがあります。

その為に、脚の部分のロックを行うとともに、転倒防止対策を講じる必要があります。

冷蔵庫の移動・転倒防止は、冷蔵庫上部をベルトなどで背面の壁と連結することが有効だと考えられます。

また、冷蔵庫の固定脚を引き出しロックすることも忘れないようにしましょう。

また、使い方の工夫としては、冷蔵庫の上に物を置かないこと。

万が一固定器具が外れて、移動や転倒しても危険がないように、人が挟まれないような位置に設置する。

地震の揺れで、扉が開閉を繰り返したり、収納物が落下する恐れもあるので、地震が起きた時は、冷蔵庫周辺から離れることです。

Leave a Reply